返済負担ができる借り換えローンのススメ

 

借り換えは大きなメリットがあります。なぜ借り換えを勧めるのか、そのメリットを紹介していきたいと思います。

 

複数の返済先を一つにすることで管理が容易にできる

複数の金融機関から借り入れを行ていると、返済日や返済額の管理が大変ですし、返済日ごとに銀行にちゃんと残高があるかの確認をしなければならなくなります。うっかり返済日を忘れてしまったり、入れたつもりということも発生してしまいます。

 

複数の金融機関からの借り入れはいろんな面で負担が大きくなってしまいます。これを一つにまとめるとそのわずらわしさから解放され、負担も軽減されることになります。

 

毎月の返済負担を減らす

借り換えをすることに毎月の返済額を確実に減らすことができます。例えば、複数の消費者金融で借り入れがあるとします。消費者金融の返済方法はほぼ全社リボルビング返済方式を採用しています。ミニマムペイメントでも仮に50万円の借り入れがあれば返済額は2万〜2万5千円になります。

 

そう考えれば、4社から借り入れを行っていれば200万円の借り入れで月に8万〜10万の返済をしなければならないことになります。とても毎月の返済が楽に行われるとは思えません。しかし、この4社からの借り入れ分の200万円を1本にまとめることにより、3万5千〜4万円くらいに抑えることができます。毎月の返済が半分になれば毎月の家計がとても助かると思います。

 

金利を抑えて負担を減らせる

消費者金融で借り入れしている金利はおそらく高利だと思われます。しかも借り入れの場合は元本が低いと金利は高くなります。それを借り換えて1本化することにより、1社の元本が高くなり金利が低く抑えることができます。

 

余計な金利負担をしなくて済むわけです。最近では300万円以上の大型ローンもあります。しかもひとケタの金利で利用できるものもあります。毎月の返済に苦労している方は、利用する価値はあると思います。

 

債務整理とは違う

借り換えすることは債務整理とは違います。債務整理をするとブラック情報に登録されてしまいます。しかし借り換えの場合にはブラック情報に登録されることはありません。そこが大きな違いです。(債務整理が悪いと言っているわけではありません。

 

多重債務でどうしても首が回らなくなれば債務整理するのも一つの方法です。)返済が遅れたり債務整理をするとブラック情報に登録されてしまいますが、複数のローンを1本にまとめて返済していけば何の問題もありません

 

複雑な返済プランをさっぱりシンプルにするテクニック

複数の会社から細かく融資を受けていると、返済日や残金の把握が難しくなってくるもの。うっかり返済日や引き落とし日を忘れてしまうと信用情報に関わってきます。しかし忘れないように、予定を把握するのは神経を使いますし、疲れてしまうとりあえず返済を続けているけれど、元本がどのくらい減っているか分からないそんな悩みを解決してくれるのが「おまとめローン」です。

 

「おまとめローン」とは、複数社の借り入れやクレジットをまとめて1社に借り換える方法。ローンを1本化することによって、借り入れ件数は1社となります。「東京スター銀行」や「ジャパンネット銀行」「スルガ銀行」などで取り扱っており、他にも数社取扱いがあります。

 

おまとめローンの最大のメリットは、金利が下がることです。金利が下がることによって、月々の返済額の内、元本の割合が大きくなるので、これまでの予測より返済期間を短縮することも可能になります。ばらばらにローンを組んでいる場合の金利と比較すると、ほとんどの場合で金利が下がります。

 

もうひとつの見逃せないメリットは、返済スケジュールが管理しやすいということ。金利が一定なことにより、把握しやすくなり、完済までの見通しも分かりやすくなります。返済日が月に1回になるので、うっかり忘れ防止にも役立ちます。スケジュールがとてもシンプルになるので、返済にあたってのプレッシャーも軽減されるでしょう。

 

複数から融資を受けている場合のデメリットは、返済スケジュールの複雑さ・金利の高さ。これらをクリアできるおまとめローンですから、上手な返済方法として一考してみる価値はじゅうぶんにあるといえます。

カードローンの借り換えにより、返済を楽にできるとしたら?

 

よく「借り換カードローン」という言葉を耳にしませんか?この言葉の意味は、「現在の借金を新たに他社でし直すことにより、少しでも良い条件に変更することができること。それにより、返済がより楽になること」ということになります。具体的にはどのようなことになるのでしょうか。

 

「ローン借り換え」の定義とは

「ローン借り換え」という言葉だけだと、一般的に住宅ローンの借り換えをイメージする人が多いおのです。なぜならば住宅ローンは長期間にわたるもので、しかも高額な商品です。

それだけ金利が大きく作用するものですね。

 

毎月の返済金額を少しでも減らそうと思うと、より低金利のローン商品に借り換えることが必要になります。ところで「カードローンの借り換え」いうのは総支払額を少なくしようという目的から始まるものです。しかし「カードローンの借り換え」の目的は、それだけではないのです。月々に返済金額が少なくなれば、生活費を削る必要が少なくなります。

 

これにより、本人への負担が少なくなるように考えられてます。つまり、多重債務を負っている人が少しでも楽になる様に、借り換えローンとしてカードローンを見直すことと覚えると納得がいくのではないでしょうか。

 

返済額を減らせしてくれる可能性があること

一般的に、ローンやキャッシングの返済が滞ると、一社だけでは足りずに複数の金融業者から借入れをしてしまうものです。1社2社というのならば勢いで借りてしまい、多少返済に苦労するだけのものですね。しかし、4社5社というと返済に関しての自己管理ができなくなってきます。

 

返済期日がバラバラで混乱してしまい、自分でもよく分からなくなってしまうのです。そして同じ日を返済期日にしていると、同じ日が期日であるものが沢山できてしまうかも知れません。同じ期日に複数の返済があると、訳が分からなくなってしまいます。折角の返済計画も無駄になり、生活費が不足するのはもちろん、精神的にも非常にストレスが溜まってしまうものなのです。

 

そして利息は借金の総額ではなく、債務のひとつひとつにかけられるものです。利息を合計してみると、ひと月にかかる利息の支払額だけでも相当な金額にのぼります。

 

「借り換え」の考え方は、複数社からの買い入れを一社にまとめることにより、返済額を少しでも安くすることといえます。より低金利のローンにまとめることにより、金利分でも返済額を減らして、実生活を大切にして欲しい、という考え方なのです。

これさえ覚えておけば安心!乗り換え返済の豆知識

 

乗り換え返済は困った時にとても役に立つ返済方法ですが、どんな返済方法にもデメリットは付き物です。そのデメリットを理解していないと、トラブルに発展しやすいので、利用するにあたってはその特性をしっかりと把握しておきましょう。そうすることで、ローンを上手に活用することができ生活に役立てることが出来るのです。

 

計画性を持って利用すること

乗り換え返済の場合審査が行われるのですが、審査通過後気分が舞い上がってしまい使途不明金に消えてしまうというケースが結構あります。使途不明金ほど、無駄なお金はありません。

 

そのような積み重ねをしていけば、どんどん返済金額が脹らみ最終的には多額の返済が待ち構えてしまうことになります。そのような状態まで進んでしまうと、乗り換え返済にした意味が無くなってしまいます。月々の負担を減らす為に乗り換え返済にしたのに負債が増えてしまったら、結局悪循環の状態が繰り返されてしまいます。

 

油断をしてはいけない

複数社の借り入れをまとめることで、返済金額が把握しやすくなります。こうなると安心してしまう人が多いのですが、油断は禁物です。ローンが一つにまとまっただけで、借金は完済されていないからです。

 

複数社の金利が掛からなくなる分月々の負担は減りますが、借りたお金は必ず返さなければいけないルールがあるので最後まで責任を持って支払いを行いましょう。複数社だと返済日を忘れてしまったなどのトラブルが良くありますが、一つならうっかりミスはほとんどなくなるはずです。

借り換えローンに向く人・向かない人

借り換えローンは複数のローンを1つにまとめることができるので、便利でお得だと思いがちですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。ですから借り換えローンを検討するのであれば、このデメリットについてもよく知っておく必要があります。

 

そうでないと借金を減らすどころか、むしろ増やしてしまうことにもなりかねないからです。客観的に判断してこんな場合は借り換えローンには向かない、あまりメリットは得られない、という状況があります。どんな場合に借り換えを検討すればよいのか、具体的に見ていきましょう。

 

利息制限法で決められた利率での借り入れであれば、借り換えをしてもメリットはない

借り換えを検討している借入金が、利息制限法に基づく金利(年利15,0%〜20,0%)での借り入れである場合は、任意整理や特定調停などの債務整理を行ったとしても、金利をそれ以上減らすということは期待できないと思ってください。というのも、利息制限法に基づいた利率での金利ならば、ローン会社としては正当な理由で利用者から徴収して良いからです。

 

たしかに数年前に法改正が行われる前までは、利息制限法で定められた利率を上回る、グレーゾーン金利と呼ばれる適法性がはっきりしない利率での利息請求がまかり通っていました。そしてこの法改正以前にグレーゾーン金利での借り入れを行っていた利用者は、利息制限法に則った低金利でのローンに借り換えを行うことにメリットあったわけです。

 

ですから、グレーゾーン金利での借り入れを行っていないのならば、借り換えを行うことに金利面でのメリットはありません。しかもこの1〜2年ほどで、年率ひとケタという利率で借りられるローン商品が圧倒的多数を占めるようになりました。そうなると利息制限法に基づいた利率かどうかさえも注意を払って確認する必要はない、そんな時代になってきているのです

 

借金が嵩んできたのがここ1年以内である人は借り換えローンの検討を

もし利息制限法を超える金利を支払っていたとしても期間が短いようであれば、その利息分を元本に充当できるのはわずかな金額となってしまいます。債務整理を敢行しても減額できる分は、借り入れ全体の10%以下かもしれないのです。債務整理を行うのはブラックリストに載るというデメリットと引き換えの手続きなのですから、ある程度まとまった金額が減額できなければ意味がないと思いませんか?

 

そんな人は借り換えを検討してみるべきです。借金がどんどん膨らんで与信枠ギリギリの状態になってから借り換えを検討しても時既に遅し、ですから、傷が浅いうちに借り換えを検討するのは間違った判断ではありません。

返済期限を忘れないための便利な仕組みを活用しよう!

 

カードローンの利用で注意すること

カードローンを利用するときには、しっかり計画的に利用することが大事です。毎月無理なく返済していくようにしなければなりませんが、返済期限をうっかり忘れてしまうということには注意する必要があります。

 

もし、うっかり返済期限を忘れてしまって返済が滞ってしまった場合には、信用情報に記載されてしまいます。この信用情報は、各金融機関の共通のものとして保管されていますので、以降にカードローンなどの申し込みを行うときには不利になります。短期間の延滞であればすぐに悪影響を及ぼすことはないかもしれませんが、できればそのような事態は避けたいものです。

 

うっかり振込を忘れてしまわないようにするためには、口座振替のような方法も有力ですが、手続きをするのは意外と面倒ですね。ちょっとしたカードローンの利用であれば、振込を行うという人も多いはずです。振込の場合に、うっかり忘れないための便利な仕組みがあります。

 

ネットバンキングの便利な仕組みを活用

ネットバンキングはかなり普及してきていますので、利用している人は多いかもしれません。カードローンを利用する際にも、ネットバンキングであれば24時間対応してもらえるので、便利な面があります。

 

このネットバンキングには、さらにうれしい仕組みがあります。これは、定時振込というもので、あらかじめ日時と金額と振込先を決めておくと、その決めた内容に従って振込が行われます。イメージは口座振替に似ていますが、振込を行うというところが少し異なります

 

。口座振替ではないので、面倒な手続きは発生しませんし、簡単な設定に関する操作を行うだけでこの仕組みを利用することができるのです。この仕組みを利用するのであれば、残高にだけ余裕を持たせておけば、うっかり振込を忘れてしまうという危険がなくなりますね。

 

便利な仕組みは他にも活躍

この定時振込の仕組みを利用すれば、カードローンだけでなく他の支払などにも利用することができるために、便利な機能です。

 

定期的な支払であれば、この仕組みが非常に有効ですので、最初の設定を間違わないように注意しましょう。また、決まった日時に振込ができるように、常に残高に余裕を持たせておくようにすることが肝心です。